close

クリエイティブとは

簡単に定義できるモノではない

IT企業はクリエイティブ業界に属しているということは良いとしてもだ、そもそもクリエイティブって何だと説明を求められると端的かつ、明瞭に説明できる人がいるだろうか。一言で創造活動をする人と言えれば簡単なのだが、そうなるとどうしても画家や音楽家といったような人達を連想することになったりもするかもしれない。それはそれでかなり特殊な職業なので議論するともはやややこしくなるので良いとして、創作活動とはについて敢えて言うなら何かだ。どこかで説明されている情報の中でも、やはりクリエイティブについて説明しろといわれたら簡単ではないと、その苦労を感じさせる内容になっている。そこで提示されているクリエイティブとは、を一言で説明することは出来ないとして例に出している説明があったのだが、筆者個人としても共感できる要素があった。その内容はというと、

クリエイティブとは、広く一般の人々を対象にわかりやすく表現する

というものが創造活動を意味することになる、となっているがそんな簡単なモノではない。そもそも人の価値観はまるで異なっており、一般大衆として固定されている人々がどれほど存在しているか、またそうした人々すべてが共感してくれるような出版物や広告、そして映画といったものを作り出すことなどたやすいことではない。どんなに才能溢れる人だったとしてもそこまでの境地に至るとしたら万に一つの可能性とも言えるような、それだけの運と転機に見守られなければ為しえないからだ。ヒット作などと言われている作品について中傷する人もいる中で、すべての人に分かりやすく簡潔に表現できればクリエイティブだとすれば、そうではない作品は違うのかと言うのも少しおかしな話になってくる。業界そのものもややこしい構造をしてくるのだが、ここでいうところのクリエイティブという言葉だけでも人々の認識は個人差によって恐ろしいほどの断絶を引き起こしているため、一概に述べることはあまりに万死に値する行為でもある。要は難しいからそれぞれで考えてくれ、と言いたいところだがそうもいかないのが悩ましいところだ。

クリエイティブなあなたへ
まつげにまつわるお手入れ方法や長持ちをさせるコツを教えます!まつ毛エクステサロン 美容室【La Peluqueria Suelta】は綺麗になりたい女性を応援します!上北沢 美容室の新着法律多数!

だからこそIT業界の競争は激しくなる

只でさえクリエイティブというものは何かについて定義するのが難しいと言われている中、この状況をIT企業に持ち込むともはや収集がつかないほどカオスな状況にもなる。これは何も社内だけの話ではなく、対外的な意味で企業間同士の争いにまで発展するからだ。IT革命なるものが日本で巻き起こった、と言われているが余り実感がないまま世間は政府が推奨するままに、パソコンを始めとした精密機械類を企業の作業に導入することになる。それにより確かに効率は上り、また作業を運転するだけの技術や人材も増えていった。こうした状況下でIT企業と呼ばれる会社が00年代中盤に差し掛かると、恐ろしくその会社の数を急激に増やしていった。

そうなると何が起こるかだ、当然ながらIT企業のインフレが発生し、より企業としてのカラーを持たせるために斬新な開発を行わなければ業界で生きていくことは出来なくなってしまう。そうなると必要になってくるのが創造、つまりクリエイティブとしての業種だ。先に紹介した楽天、そしてライブドアといった会社はある意味では当時業界において注目を集めたことによって、生き残りという意味では良い位置につけていた。ただ後者はそれなりに世間的に問題を起こすようなことをしたため、当時会社を管理していた人事関係は既に一掃されているところも深く追求はしないでおく。

同種の企業が増えることによって起きる問題は、やはりいかにして新しいものを作り出せるかに限られてくる。だがクリエイティブ活動でそんな事が出来る会社は、せいぜい一握りだろう。そしてどんなに斬新なシステムを開発しても、それを参考にして新たな手段やアイディアを取り入れた企業が台頭してくる。先に開発したはずの企業は下手をすればそのまま業界の端へと追いやられる、または追放とまで言われるような立場に追い込まれてしまうこともあるので世知辛いところだ。

同業者が増えることによって同じサービスが過多となり、より独自性を出そうとしてもそれを元にして違ったサービスを提供するにしても、それが出来る会社は現在存続している会社間でどれほど存在しているか、数えるほどないかもしれない。だからこそ創造活動は簡単ではない、だからこそこの業界を更にその理解するのは難しいといった印象にさせてしまうのも、仕方のないところでもある。

よくわからん業界用語

別に故意に難しくしているわけではない

ではクリエイティブにとって今後必要になってくるものは何かだ、斬新なのもあるがインパクトというのもある。ただ忘れてはいけないのは、見ている人にとって分かりやすく伝えられるような、そういった表現をしていないといけない部分もある。では人がやらないようなより難読なものにすればいいのかということでもない、それはそれでかなり面倒になるだけだ。話題を掻っ攫うのには十分だが、本質を見抜ける人は早々いないだろう。良い例として、歴史的な芸術家を批判しているわけではないがピカソなどといった画家達の製作した美術作品の創造物を例にしてみると、分かる。

正直な話、あれらを見て芸術性を感じることは出来ても、その中身として構成されている本質を真に見抜けるだけの心眼を兼ね備えている人などざらにいるモノでもない。評論家などの説明をもってしてようやくその意図を理解出来る、という人が大半のようだ。そして提唱された意見を我が物として受け取ることで理解する、そういう人が多いと思う。何が言いたいのかというと、つまり一般的に分かりやすくするというのは、クリエイティブ業界にとって最も難しく、そして最大の目標とするものなのだ。どれほど難しいかはいうまでもない、だからこそやりがいがあるのかもしれないが、同時にどれ程挫折してしまう人を生み出してしまっているかは、想像に難くない。

クリエイティブってなに
photo