close

業界の今後として

現在でも活発、だが

クリエイティブ業界と呼ばれる人気は就職事情において人気の高い職種としてもよく言われている、筆者も就活を行っている時に思ったのはやはり業界人気は高いというところだった。IT企業と呼ばれるところも何社か受けたが、そのどれもが応募者が殺到するというようなものだった。中小企業として固定されている場所であっても、定員に対して募集が10倍以上なのも珍しくないときだったこともあるが、それにしては傾倒しすぎだろうと冷静に分析したところもある。その当時はまだIT関連がそれなりに盛んだったこともあるが、それにしては異常なほどの人気に日本の就職事情が捻じ曲がっているのではと思ったほどだ。

特に広告や出版などを行う企業は毎年上位クラスの人気を誇っている会社でもある、応募してくる人数も数千人規模だ。そこから勝ち上がって採用を獲得するだけでも骨が折れる。もはやちょっとしたオーディションと見た方がいいかもしれない、アイドルになれる音楽関係のオーディションもこんな感じなんだろうかと一次試験の折に、自問自答して考えたほどだ。試験前にくだらない事を考えているなといわれそうだが、それだけ日本での就職は業界への希望があまりに一極過ぎるのかもしれないと痛いほどに認識する。

だが、現在の日本はいわゆる不景気だ。政府は景気は好転していると必死に唱えているが、9割方の国民はそんな事はまずないと認識している。事実を捻じ曲げようとしているのではと言いたいが、そこを追求するような場面でもないので良いとしてもだ、正直な話就職事情は筆者が職を求めているときとさして変わらないと考察している。人気のある業界はそのまま募集は増えて、人材不足と謳われている業界は苦しい苦境に立たされたままになっていると感じられる部分がある時点で、これを何処が景気が安定傾向に突入していると言えるだろうと糾弾したいところだ。

ではこうした状況下で、今後クリエイティブ業界はどのように展望して行くのかと考察してみると、やはり人気が高い分就職できればそれなりに熱は熱したまま継続することになるかもしれないようだ。

クリエイティブなあなたへ
市川市 不動産売却市川市でのお部屋探し、中古マンション売買のことなら優和住宅へ!

現状は

クリエイティブ業界はどのような状況に曝されているのかについて述べるとすると、箇条書きとして説明されている資料ではこのように表現されている。

クリエイティブ業界の状況

言いたい事は色々あるが、クリエイティブ業界は今でも成長しているからこそ期待して良いとばかりに表現しているものとなっている。確かにいわれて見るとどんなに不況といわれてもそれなりに活動できている当たりを見れば、やはり有力なのかもしれない。リーマンショックなど世界経済に影響を及ぼすような金融事件が起きたといっても、成長指数そのものが大きく変動する事無く成長するのはいいことであり、そうした中で最も活躍するのが広告でもある。広告費による収益が強い企業なら、それだけ発注依頼も相当数の数を大手なら見込めるだろう。日本経済を支えているという意味でも考えられている業界であり、そしてそんな業界に就職して真面目に勤務していれば将来的に安泰の道も十分に可能性を孕んでいるなら申し分ない。

ただ仕事に対してやる気を促すような満足度がなければ成り立たないと考えている人も、そのやりがいをいやというほど満たせる業界でもある。そういう意味ではクリエイティブとしての性質が本人のこだわりを促進するので、のめりこんでしまう人はずぶずぶと深みに嵌るだろう。ここで面白いアンケートを見つけたので見ると、特に従業員がこの業種を主に行っている企業に就職できたことで、仕事に対して満足しているといった企業の特徴について述べられているものもある。その中で第1位になったのがやはり定石ともいうべき『メディア/広告』などの業種が人気となっている。そしてそのランキングではIT企業も満足度としては4位にランクインしているため、自分で何かを作り出したいと考えている人にして見ればこれほど充足感を得られる業種もないかもしれない。

よくわからん業界用語

クリエイティブ業界の発展を促したのはIT革命?

それにしてはずいぶんな成長振りを見せているが、その発端となったのは先に話した状況から考えると、やはり00年代初頭に騒がれた『IT革命』なるものが影響していると考えたほうがしっくりと来る。インターネットもだが、パソコンを使用する事が当たり前のスキルとして利用されるようになったことで、技術の進歩と共に人が技能をもってして自身の能力を高めることが出来る助けを加えたのが、このITによるところだ。クリエイティブ業界に属していると特性上、必ず己自身のスキルという技術を伸ばしていけることになる。だからこそ、より自分で作り出せるものはないかと考える人が増える一因を作り出したといえるのかもしれない。また日本が競争社会ということもあって、高い技術を備えていればそれだけ収入的にも満足できるだけの額をもらえる可能性を秘めているのもある。人より先に行きたいと願っている人にしてみれば、クリエイティブ業界は己の個性を遺憾なく発揮できる場所といえる。

クリエイティブってなに
photo