close

クリエイティブ業界の現実

理想は現実によって打ち砕かれる

先に挙げた条件だけでみればクリエイティブ業界に就職出来れば将来安泰、と考える人が出てくるかもしれない。ただこうしたものを掲載すると勘違いしてしまう人が出てくるのも、もはやお決まりといっていいようなものだ。特にクリエイティブだからといわれると、型にはまっていない斬新な考えを持っている事が大事なのだろうと考える人が出てきてもおかしくはないが、それは社会活動としての労働における、業務でのみ通じるところだ。現実の人間関係でそんなことをしていたら当然、問題を抱えることになる。また、この業界の特徴でもある常に最新の情報で満たされていることを失念していると、それだけで不利な立場に追いやられていることに気付かない人もいるだろう。というより、仕事を始めてみるとそこで停滞して先に進もうとしない人がいることに、筆者は疑問を感じる。これは今で言うところの若者無業者問題に通じるところでもあるが、こうした人々の中には職場、もしくは企業に仕事のやりがいを求めてくるといった強者がいるような状況だ。企業にしてみれば侮蔑すら抱きかねない、疑問にすら思うところでもない部分だがそれを理解していない人が現に存在しているという。

そんな人々にとってはクリエイティブ業界は魅力的だと感じるかもしれないが、この業界ほど辛いものはないと筆者は断言できる。なぜかというと、正直学生時代以上に勉強を強いられるからだ。こうして文章を書いているだけでも常に客観的に、分析してどのような書き方をすることによって最大限の表現と、最小限の力で、いかに効率よく作品を構築することが出来るかと、常に自問自答している。それは文章書きだけではなく、デザイナーとしてもインスピレーションや技術を高めるために勉強を欠かす事はできずといったように、自分から学ぼうとしない限りは仕事も結局追いついてこないものだ。只でさえ同業他社がこれでもかと増え続けている業界模様の中で、一人停滞したままでこだわりをもってして自分を貫く姿勢はいいかもしれないが、それはよほど革新な事を連続的に生み出せるだけの人だからこそ可能とする技だ。誰でも常に邁進しながらも勉強を欠かせない、どの業界でも常に学び続ける姿勢は大事だ。ただあまりに斬新な表現を求められ続けるクリエイティブ業界は人気とは裏腹に、常に人材不足として嘆いている企業も多いという。

クリエイティブなあなたへ

多種多様だからこそ、より難しく

クリエイティブ活動の戦場はインターネットだ、ソーシャルネットワークが異常なほどに発展したことでどの会社も、特にクリエイティブ業界として分類されている企業はパソコン関係の機材を導入していなければ、そもそも仕事が成り立たなくなっている。かつてのように人と紙とが対立して格闘する場面は今でもあるが、大半はパソコンのディスプレイと睨めっこして三白眼になりながらも業務の日々に明け暮れている人が多いのではないだろうか。どういうことかというと、当然ながらこの業界でも激務が待っている。楽して稼げれば苦労に越したことはないがそんな業界があるなら、人類すべてがそんな仕事をしたいと願っているところだ。仕事は忙しいものだが、情報を発信するクリエイティブともなればその忙しさは、場合にもよるがろくに家に帰ることも出来ないとまでいわれえるほどだ。

何故そんなことになるかは、同業者が増え続けているがために起こる『独特』を作り出さなければならないため、といえる。しかもその独特が活躍する場はWEBを中心に、様々な範囲へと広がっていくことも大きい。例えば広告を出すとするなら一番手っ取り早いのが多額だがテレビのCMや番組スポンサーになるなどの活動や、街頭に掲示されている看板に企業カラーを提供するといった視覚的効果を促すなどを行う事が代表的だ。いうなら渋谷にある109の天辺に設置されている看板のような、明らかに人目につくだろう場所に設置する事が出来ればそれだけインパクトはでかい。ただインターネットが普及したことによって、広告の仕方も恐ろしく多様化している。そのため、今まで広告関係の仕事をしていた企業がIT企業として新規台頭した企業が展開している広告に、仕事を奪われるというのも珍しい話ではない。そうなると必然的にインターネット事業を取り入れなくては勝負にならないとなる、そしていかにして顧客を引き寄せられるだけの魅力ある創造が出来るかになる。考えるだけで頭が痛くなりそうだが、こんな事が最初から出来ていればこの世はある意味より混沌とした状況に苛まれるだろう。

よくわからん業界用語

IT化によってもたらされた功罪

パソコンなどの文明利器が発達したことによって日本での就職事情も大きく変容することになるが、その中身を見ることでより敬遠してしまう人も出てきてしまっているのも事実だ。便利だからこそ、より仕事を効率よく運用するためにはどれ程の努力をしても答えられないほど、仕事をこなさなくてはならなくなったのも事実。パソコン一台あれば本来一人で業務を担当することは出来ないはずの量もこなせるようになってしまったことも大きいだろう。

本来ならクリエイティブ業界としてではかなり曖昧な立ち位置であるIT企業も、こうしてパソコンを主とした業界参入を行っている企業が多くなっている事を含めて分析すると、決して理想として述べられている様子になるまで、時間と経験がものを言うようになる。ただ突入しやすくなったと考えれば、それはそれで人を呼び込みやすい点でもある。

クリエイティブってなに
YOGAを習う-ヨガ 目黒快適に朝がむかえられます。レッスン案内しています。
photo