close

深刻な人材不足

いまだに囁かれている

クリエイティブ業界の色鮮やかな部分だけを見れば職種として満足できるかもしれないだろう、それは保証する。ただ仕事をする上ではやはり根性で支えなければならない部分も当然として発生するものだ。その中でも特に問題となっているIT関係の企業では今でもそうだが、そうした労働環境がどうしてもよろしくないとして敬遠される傾向にある。情報処理関係の仕事については確かにやりがいが感じられる部分ではある、そしてこのクリエイティブな活動がその後成果を生み出せるかどうかについてはかなり微妙なところでもある。例えばITとしてだが、その業務内容から個人的にはクリエイティブ業界に属していると分析しているプログラマーを例にしてみると、労働環境で悩みを抱えている人は多いという。一部の人は仕事をしながらも満足するだけの人生を過ごしているのはもちろんとして、大半の人は目的を見失いながらも目先の、とにかく働かないと明日の生活を行うことが出来ないという悩みを抱えている。切実な問題だが、まるでそこに漬け込むようにこの業界では仕事が恐ろしいほど大量に入り込んでくるときもある。

また以前の日本ではIT関連の業種についてまともに法整備を行っていなかったことから、現場レベルでは相当酷い労働環境に苛まれていた人が多かったともいわれている。引き起こした原因としては、日本ではIT関係の仕事については『完全オーダーメイド』のシステムを開発する受注開発するということが主流となっている。さて、これが何を意味するのかというと依頼者からある程度の希望は受けるとしても、それ以外は全て請け負い先に一任するというわけだ。これがどんなに恐ろしく難しい仕事になるのかはいうまでもない、もはや素人ではまともに業務をこなすことは出来ないのは容易に考えが及ぶはずだ。ただ開発を行うためには人件費的なものを大量に導入しなければならない現実もあるため、それらを補充するために単価の安い素人同然の若者を投下したり、派遣や下請けといった人々をこき使う方向になる。以前ある女性労働者がシステム関係の会社に派遣されたはいいが、まともに業務が行なえないにも関わらずそれをいいことにパワハラなどを行われて、精神的に患ってしまったといったことを取り上げた事があるが、背景にはこうした日本市場の歪みによって生まれた毒に汚染されてしまったということだ。

こうした事実が世間に公表されることで何が起こったのかというと、それが世間一般的にいわれているような『IT業界離れ』を引き起こすことへと繋がっていく。

クリエイティブなあなたへ
わかりやすくご説明致します。上北沢 美容室 にあるヘアサロンサロン 美容室【La Peluqueria Suelta】が全ての女性をサポートします!

根本的に成り立っていないのだからしょうがない

このような状況に対して政府が何をしたのかだが、ある程度の対策は取られていると言われている。ただそれらが実を結んでいるかといわれると疑問符を立てるところだ。このような事件が頻発していること、また派遣業をすべての業種に適用することが出来るようになってしまったことから、労働者の人権はほとんど迫害されているも同然の扱いを受けた、などという人もいるだろう。筆者も派遣はほんの少しの期間だけ行ったが、まるで家畜同然のような扱いに耐えられるわけがなく止めたが間違ってはいなかった。

そしてそんな派遣業に、特に開発として難しいといわれているIT関係の、しかも技術者に対して適用させるというのは何とも無謀なことを容認したものだと言える。ただでさえ完全オーダーメイドなるシステムが支配している中で、満足に給与を獲得できず、そしてまだまだ経験が足りていないような新人に重責ある仕事を任せて、それをいい事に非難轟々の嵐に当てるのではもはや働くことの意義を見失ってしまう。

こうしたことから日本でもIT関係の業種はいずれ深刻な人手不足に陥ると予測され、1985年ごろに『Σプロジェクト』なるシステム関係の人材育成計画が立てられていたそうだが、頓挫して事実上の失敗に終わるという結果になった。そうした世情にお構いなく情報産業はますますの進化を遂げるようになったが、その情報産業において技術として担うべき人材が不足しているにも関わらず、仕事の案件は増えてしまうというどうしようもない連鎖が生まれ続けている。ただそうした中でも好意的にまだ、人手を求められたのがIT革命が巻き行った2000年代初頭頃だ、就職戦線にこれからの時代はIT企業だとする見方を植えつけることに成功し、情報処理関係の扱う職種も人気を集めるようになっていき、このままクリエイティブとしての地位を高めていくことになると誰もが予想したことだろう。

ただ実態としてはプログラム開発理念となる創造活動に伴う、非熟練者となる若者と派遣業に身を置く労働者の使いまわしという、酷い状況は変わらないままという負債は継続していた。この状況はその後簡単に外部へと漏れ出ると、抱かされていたのは幻想だったのだと失望してしまい、その後の求人に対して積極的に関わろうとする人を更に減らすこととなった。良い面ばかりを強調して、内部を徹底的に改めなかった政府の罪でもあるが、もはや誰が悪いといっても責任の押し付け問答になるのでここで話を区切るとする。

よくわからん業界用語

新人もだが、転職としても

業界の様相はひどくなり、新卒の求人もだが、それと同時にそれまで業界に身を置いていた人がその後同業に転職することなく、全く別の業界へと仕事を変更する人が増えたことも特徴だ。内部を知ってその有り様に疑問を持ってしまい、このまま酷使されているだけでは話にならないとして、それまで身につけていた経験を棒に振ってまで転職を望んだ人もいるかもしれない。こうした事実が蔓延していることを考えると、いずれ業界そのものが崩壊してしまうのではと予測している人もいる。クリエイティブとしての面も持つIT企業も、業績は大事かもしれないが新人に対する教育をしっかりしていなければまともな結果を出すことは出来ないことは明白だ。

クリエイティブってなに
photo