close

IT業界の長短

色々問題を抱えている業界ではある

先進的な分野での活躍となるため、どうしても業界全体が乳白色のような靄が掛かってしまい、様相を見通すことが出来なくなってしまっていることも影響しているのか、業界に対して偏屈を持って犬猿している人が居るのは否めない事実だ。では実際の中身として、先に述べたような社内状況なのかと聞かれると一概にそうとは言い切れない部分があるのも、また真実だ。確かに先に起こった女性社員に対してのパワハラなどといった問題によって、精神病を発症してしまったがために次の仕事まで働くのにスパンが出来てしまうなど、労働者にとって不利な立場に追い込まれてしまうのは否定する事の出来ない事実だ。ただこの問題に取って重要視しなければならないのは、古くから日本のIT市場に根付いている完全オーダーメイドと、それに伴っての人材教育体制を国が一新すること、これを行わないことには市場としても業界としてもいつまでも、負の連鎖を引き起こし続けることになってしまう。

解決しなければならない問題としては山ほどだが、実際に業界にその身をおいている人にしてみれば本当にそのような状況に曝されているのか、というのも気になるところだ。就職をする時に参考になるのは、既に業界で働いている人間の直接的な声を聞くことで、より自分に置き換えて考えられることもあるからだ。そのため、何かと会社説明会に際しては、在職してから数年程度の社員が呼ばれるなどといったことも、会社説明会にはありがちな光景だろう。IT企業もそうした先輩を見て、この企業でなら自分の価値を高めることが出来る、社会活動を通した社会貢献に尽くすことが出来るだろうと思ってくれれば、とした意図をもってして行なっている。

では実際にIT企業の長所、もしくは短所としては具体的にどのような部分が挙げられるのかを考察してみようと思う。1ついえるのは、シビアだということは理解してもらってみてもらいたい。

クリエイティブなあなたへ
死亡例として多くの数字が出されているがん治療 前立腺がんについても、当院では患者様に不安を与えず、きちんとした医療指導を行ってまいります。 治療症例も十分ございますので、安心して治療をお受け下さい。

IT企業の特徴として

IT企業としての業種は当然ながら機械を用いたものとなっている、いきなり向上に連れていかれてコンピューターを操作して、屋内にあるコンピューターすべてを操作せよといった革新的良すぎるような、未来的過ぎる作業を行うのではない。普通にデスクに座ってパソコンに座ってキーボード、もしくはマウスをひたすら動かしまくるのが特徴だ。筆者の場合ではキーボードを、筆者の友人は車の設計の仕事をしているのでただずっとマウスをいじっているとのことだ。どちらかになるとしても、まぁ仕事内容の良し悪しは必ず出てくる。

ここからは仕事内容に構わず、総体的に話をしていこう。

長所として

1:ノルマが課されていない場合がある
仕事をしていると何かとノルマを気にする、営業の仕事もある。その点については、業種によってはノルマを課されていないものもある。筆者は課されているのであれだが、主に化されないことが多いのはプログラマーとして活動している、主にコーティングしたソースコードや仕様書などの成果物の作成といったことをしている人達だ。あくまでチームで製作を行っているので必ずしも、というわけではないがただ仕事が忙しいのは共通している。
2:能力が絶対的に優先される
そしてこの業界では何より、経験がものを言うときがある。先に話したプログラマーとしての仕事でもそうだが、完全オーダーメイドとなっているため、当然ながら新人よりも経験者の方が待遇的に優遇されることが多くなっている。では何かしら知識を持っていなければいけないのかというわけでもなく、初めの頃は未経験でも下積みを重ねていくことで、より自分にプラスになっていけるように努力していけば、いかようにもなるということだ。ただ能力があれば良いとした風潮もあるらしく、新人ながら上司などに悪態をつくという人もいるので、それとこれとは話が違うので注意されたし。
3:給料がそれなりに良い
激務であるプログラマーとしての仕事、もちろん中にはノルマが課されている場合もあるが、それらを無事に乗り越えることが出来れば成果に見合った報酬を受け取ることが出来ると言われている。実際、報酬としてはそれなりに高めとなっているので、こちらも努力次第でいくらでも延ばすことが出来る。中には年収4,000万円という人もいるので頑張り次第、といったところだ。
4:自由が利く
IT企業だと何かと縛られたものがないことも特徴の1つとなっている。中には私服での出勤が認められていたり、また休みが自由に取れるといったところもあり、繁忙期を過ぎて少し業務に穴が出来れば、何かしら自分の自由が通るといったことも、この業界ではよくあるとのこと。まぁしいて言うなら、その分早朝出勤やら、残業などが多いことを意味することにも繋がるので、そこはご愛嬌ということで。
5:汎用スキルが身につく
専門的な業界に身をおくので、当然ながらパソコン関係の知識について秀でることになる。それを良しとするなら次の職場にも経験を生かせることになるのだが、ITに対して嫌気がさしてしまうと転職先としては相応しくないとして、無下にしてしまう人もいるので必ずしも特とは言い切れないかもしれない。私生活で活用する事が出来ればと考えれば、話は別だろう。
よくわからん業界用語

短所として

1:ストレスが溜まりやすい
短所だが、これは仕事量があまりにも過多すぎてしまって、まだ慣れていないころにそのような重労働を連続して行い続けてしまったら、病んでしまって退職しなければならないほどのストレスを負う事もある。そのため、この業界ではうつ病などの精神病を発症してしまう人の数は決して少なくないともいわれている。
2:新人が育たない
IT企業としても、そして業界としても大問題となっているベテランに続くべく誕生した新人が、その後に続くことが出来るような教育体制が整っていないことも、この業界における最大の欠点でもある。経験が必要とした条件で採用されたとしても、その後実力が見合っていないと判断されれば簡単に首を切られてしまうこともよくあるとのこと。これについては企業としてもだが、業界改革という手段に講じなければ、改善は難しいだろう。
クリエイティブってなに
photo